当サイト(0からはじめるお得育児生活)ではお得な育児情報・妊娠生活・主婦の知恵・得する買い物・コラムなど、得する情報を紹介しています。
0からはじめるお得な育児生活
             http://0karahajimeru.com
ご案内  
TOP
メール
リンク
リンクについて
掲示板(宣伝禁止)
かんたん相互リンク


私の出産体験   


陣痛から
おしるしから
破水から
入院のタイミング
陣痛の逃し方
お産を早める
お腹を押さえる
会陰切開
何針縫うの?
後陣痛
円座は友達
頭痛
お腹の脂肪
マタニティーブルー(産後)
抜糸は痛い?
退院後の生活

私の育児体験    


私のうつ体験   


私の妊娠生活    



お産を早める
  いたーい陣痛早く終わって楽になりたい。
   誰もがそう思うはず。だから出来るだけお産を楽に早める方法を紹
   介します。

  • あぐらをかく
  • しゃがむ
  • ぺったんこ座り



   あぐらは妊娠中からいいとされていましたが、産む時も同じ。あぐら
   をかいて骨盤を広げましょう!

   しゃがむ行為は椅子か何かを支えにしてしゃがみます。
   その時ひざは開いてください。(ヤンキー座りみたいに)これだと、重
   力と骨盤の開きと両方でお産が進みやすくなります。

   さらにぺったんこ座り。膝を曲げて左右に広げて座る(女の子が
   よくやりますよね)これも骨盤や子宮口が開きやすくなるポーズ。
   これらをするとどれも骨盤が広がりお産が早く進みます。

   もちろん医師や看護師、助産師の指示には従ってください。OKな場
   合にのみやってみてください。

   病院によってはゆらゆら揺れる椅子があるみたいですね。(陣痛用
   の椅子の背もたれ側に向かって座る椅子)これも足を広げて座るの
   で骨盤を開きやすくし、揺れる効果で気分を紛らわしてくれるそうで
   す。

   また、予定日が近づいてきたり、過ぎちゃったりすると気持ちが焦っ
   て早く生まれないかって色々やったりします。
   でも、私の経験上何をやっても生まれないときには生まれないし、生
   まれるときには生まれるということだと思います。

   私は一度病院へ行って入院したにもかかわらず陣痛が遠のいて結
   局家に帰ったわけですが、そのときも何とか陣痛を取り戻そうと、階
   段の登り降りを汗だくになりながらやったり、次の日はお昼過ぎから
   夜7時半ごろまで歩き続けたりしましたが、結局生まれませんでし
   た。(そんなこと絶対やらないでね!)

   やっぱり気持ちは焦るけど、そのときは必ずくるから、どっしりと構え
   て待つ!これしかないですね。


TOP  >  お腹を押さえる  >  このページの上へ

当サイトはあくまでも管理人個人の体験を基に紹介していますので個人の判断でご利用ください。
また、ご利用の際にいかなるトラブル等が発生しても当サイトはその賠償責任を一切負いません

当サイトの内容・画像の無断転記・転用を一切禁じます。
Copyright(c) 2005 0からはじめるお得育児生活 All rights reserved.