当サイト(0からはじめるお得育児生活)ではお得な育児情報・妊娠生活・主婦の知恵・得する買い物・コラムなど、得する情報を紹介しています。
0からはじめるお得な育児生活
             http://0karahajimeru.com
ご案内  
TOP
メール
リンク
リンクについて
掲示板(宣伝禁止)
かんたん相互リンク


私のうつ体験   


妊娠ブルー
産後うつ

私の妊娠生活   


私の出産体験    


私の育児体験   



産後うつ
  私が産後うつっぽくなったのは(病院へ行ってないので)最初の子を産んでから
   数週間ごろからでしょうか。

    産後うつとは産後2〜3週間後から現れ、不眠や憂鬱感、疲労感、めまいや息切れ
    などの症状が出てくる病気です。

マタニティーブルーのページにも少し書きましたが、私の場合全く赤ちゃんの扱い方が分からず困惑してしまったことからです。

最初の子を産んだ病院は母子同室で、夜だけは赤ちゃんと別ですが
それ以外はずーっと赤ちゃんと一緒にいるんです。
産んでから二日目から育児が始まりました。
慣れない授乳、抱っこ、オムツ換え、私は自分なりに何とかしようと
頑張っていたんですが、なかなか上手くできなくて、
だからいつも私のベッドからは子供の泣き声がするんです。

そんなとき 私は

「みんな、うるさいって思ってるんだろうか?」
「なんで(お乳を)吸ってくれないの?」
「どうして泣き止まないの?」

「なんで私だけできないの?」

と思って泣いていました。

でもカーテン越しには他のお母さん方の楽しそうな声が聞こえてきて
私がこんなところで泣いていたらまた他の人の気分も台無しになるかも
しれないと、一生懸命歯を食いしばり、タオルで口を押さえて
声が漏れないようにしていました。

また、この辛さを誰かに分かってほしいと思っていたけれど
病院スタッフにも 話すことができませんでした。
話してしまえば泣きじゃくってしまうと思ったからです。
結局 私はそのまま退院をむかえました。
何事もなかったように・・。

家に帰ってからもまた産後うつは続きました。
私は里帰りさせてもらえなかったんです。
旦那が嫌だというので結局自分の自宅に戻ることに。

当然、誰も手伝ってくれる人もいません。
帰るとすぐに家事と育児両方が私を待っていました。
夜は眠れないし、上手く授乳もできない。
ご飯は作らないといけないし、洗濯も、食器洗いも・・
色んなことが私に降りかかってきて
どうしていいか分からず泣いたり、わめいたり。

見かねた旦那がたまにミルクをやってくれました。
私も母乳だけでは泣き止まないときはミルクを足しました。
でもそうやってミルクを与える機会が増えると
今度は母乳が出なくなりました。

母乳が出なくなると私はますます落ち込みました。
よく人から「母乳は良く出るの?」って聞かれるんです。
どこへ行っても。

母乳が「良く出ない」と言うと
「しっかり出してあげないと赤ちゃんがかわいそうじゃない」とか
「母乳マッサージをしないさい」

とか言われて、それがまた辛かった。


まるで「ダメな母」という烙印を押されたようで。

それからもずっと眠れない日々、疲れ、イライラ、憂鬱感が続きました。

また、子供が泣き止まなくて、腹が立って幼いわが子に暴力まで加えてしまい、そのことでまた自己嫌悪になり落ち込んだりしました。



「私、何やってるんだろう・・」

「どうしてこんな目にあうんだろう・・・」

「もう 私消えてしまいたい」など・・


嫌なことばかり浮かんできて、子供に対してもうまく接してやることができず、赤ちゃん言葉など当分出てきませんでした。


でも、時が経つにつれて下手だった育児もいい加減上手くなっていき
母乳のことも、嫌なことについても出来るだけ考えないようにすることができるようになりました。


そうすると赤ちゃんの泣いている時間が少なくなり、
寝てくれる時間も増え、次第に落ち着きを取り戻してきました。


そうやって少しずつですが、時間が解決してくれたと思います。



今でも3人の世話に行き詰ると時々不安になったり、動機がして胸が押さえつけられたり、息苦しくなったりすることがありますが
以前よりは良くなったと思います。


TOP   >  このページの上へ

当サイトはあくまでも管理人個人の体験を基に紹介していますので個人の判断でご利用ください。
また、ご利用の際にいかなるトラブル等が発生しても当サイトはその賠償責任を一切負いません

当サイトの内容・画像の無断転記・転用を一切禁じます。
Copyright(c) 2005 0からはじめるお得育児生活 All rights reserved.